根暗工房

制作記録など。

CharacterAnimatorでバ美肉してみたい人へ

バ美肉という用途でCharacterAnimatorを使ってみて分かったことを書いておきます。
VRでもYoutuberでもないし、バ美肉以外になんて呼べばいいのか分からない)
Live2D+FaceRigはちょろっとしか遊んだことないけど。
3Dで体の動きも拾ってくれなきゃヤダーという人は、普通に修羅の道へ逝ってください…

Live2D+FaceRigの代替としてどうなの

結論から言うと、別物。

Live2Dはイラストを3Dのように見せるのが目的だったと思いますが、こっちは顔コントロールで楽にアニメをつくるのが目的。
とはいえ、いわゆるバ美肉活動において使い物にならない、使いづらい、ということはないと思います。
だって美少女になるには十分でしょう。むしろ、完全にアニメになれるのはCharacterAnimatorだけの特権。

そもそもLive2DはFaceRigがないと顔で動かせないけども、CharacterAnimatorの場合、バ美肉的なものが本分なので、顔で動かしながらモデルをいじることができます。
これは非常に強い。一度使ってしまうと、この機能なしでモデル作るのが辛すぎる。

Live2Dと比べて、動かすのは楽

ただ、プログラミング的な進め方になることが多いかもしれない。
とりあえず動かす→望んでいる動きにならない→問題を探して解決する、という感じに。
(これを「プログラミング的な進め方」と例えるのはアレかもだけど、少なくともイラスト制作とか手付けアニメとは違うっしょ)
チュートリアルにない箇所で詰まると英語の資料漁ることになるけど、英語を理解する必要はないです。だって操作してる画面見たら分かるから。

で、何が楽かというと。
Live2Dの場合、ポーズとポーズの間をぬるっと補完してくれるので、補完のためのメッシュ割り(動いたときに歪まないようにするやつ)と、ポーズのキーフレームを打つ作業が大半になると思います。
CharacterAnimatorはそのポーズの端っこを設定できません。一枚絵を動かしてアニメーションを作る用途がメインのLive2Dとは違って、カメラでアニメ付けるのが大前提なので。
ではどうやって動きを制限するかというと、コントロールの強度を調節したり、動きの基準点を設定して制御します。
それさえやれば動くので、キーフレームの手打ちは不要(というか、多分不可能)。

逆に、ポーズの手付けが出来ないので、あらかじめ用意されている顔コントロールで拾ってくれない動きを追加したいときには、手描きになります(多分)。あと、その制御はVRとかでできるわけじゃないです(多分)。単純にキーを押したら動く、とか。
だけど、モデル作るくらいだから、描くのって全然楽じゃん。
口をパクパクさせるために細かくメッシュ割りして、動かしてキー打って…というやつ、あれ、描いたほうが早くね?と思うよね?

もっとヌルヌル動かしたい!という問題

中割を描こう。
瞬きとか口パクの場合、間に1コマか2コマ入れるだけでも結構ヌルヌルに見えます。

ていうか、CharacterAnimatorやめよってなる人の大半が、サイクルレイヤーの存在に気づかず「Live2Dみたいにヌルヌル動かない、しょぼいカートゥーンみたいでやだ」となってる気がします。
なんとかなるよ。日本のアニメみたいにできるよ。
あと、斜めとか横向きの顔も描けば設定できる。
3Dキャラみたいにはなれないけど、アニメみたいになれる。これ重要。
何度も言うけどLive2Dとは目的が違うので、同じようなことはできないです。ただ、あっち以上に便利なところや面白いところはある。

一番手軽にバ美肉できるのでは?

Macでも使える

最高。

動かせるようになるまでが超早い

レイヤー分けして命名したpsdファイルさえ作ってしまえば、ポイっと入れるだけでもう動きます。破綻はするけど。
Live2Dでいうテンプレ割当て作業を自動でやってくれるようなもの。
あとLive2Dよりもテクスチャの修正が容易(psdファイルを修正すると自動で反映してくれる)なので、私の場合ラフをつっこんでリギングして、ちゃんと動くようになってから清書したりしています。超楽しい。

(これはラフのほうが可愛い気がする駄目なパターン)

CreativeCloudに入っていれば初期投資なしで使える

金払ったらタダでガチャれるみたいな言い方になってしまった。
まあ、コンプリートプラン契約しなきゃいけないのはネックでもある。
年間契約だと月5000円くらい。月々だと8000円くらいしちゃうけど、ちょっと試したい人はそちらで。
このソフトだけちょっと試すには、大分高めかな。
とはいえ、Vtuberになりたい人なんかは、AfterEffectついてくるしどうかね。

…っていうか、契約して試してみて!というよりも、CreativeCloud入ってる人はタダでバ美肉できるので一度は試してくれ!!!ということです。

まとめ

Live2Dとは用途やつくりが違うんだけども、バ美肉するには十分だし、思ったより手軽で便利で楽しいよ。
あと、今までの2Dモデルとはちょっと違った表現ができるので、新しいもの好きのバ美肉おじさん、いかがです?
という話でした。

とにかく

  • Macバ美肉したい
  • 楽するためなら何だってしちゃう、怠け者の絵描き
  • アニメーションの手付けなんてやってられるか!さっさと美少女にしてくれ!という人

には激しくおすすめ。
ちょっとの調べ物スキルさえあれば、作業カロリー超低いよ。